爪水虫のコラム

爪水虫を改善するための方法について綴ります。

爪水虫のコラム記事一覧

女性も爪水虫になるって本当?白癬菌というカビ(真菌)の一種が爪に侵入して起こる爪水虫。爪水虫を発症する人は多く、日本では10人に1人、およそ1200万人が爪水虫にかかっているといわれます。一般に「水虫は男性がなるもの」と思われがちですが、近年水虫に悩む女性が急増しています。特に爪水虫は女性に多く、受診患者の1/3は女性が占めています。目次女性が爪水虫になりやすい原因とは?爪水虫の初期症状を教えて!...
一度かかってしまうと長期間の治療が必要となる「爪水虫」は、何よりも予防が大切。爪水虫の予防には、靴や靴下が大きく関係していることがわかっています。デザインや色、素材、価格、履き心地など、靴を選ぶポイントは人それぞれ。あなたは靴を購入する際、何を重視していますか?本来、靴は足を守るためのもの。ところが、選び方を間違うと、逆に足を痛めつけ、爪水虫の繁殖を促す原因になってしまうのです。全身の健康と足の健...
目次爪水虫の症状は3タイプ爪水虫の症状別の見た目について爪水虫が治るまでの期間はどのくらい?爪水虫の進行を抑えるケア方法爪水虫の症状は3タイプ水虫とは、正式には皮膚糸状菌症(ひふひしょうきんしょう)あるいは足白癬(あしはくせん)といい、白癬菌(はくせんきん)というカビ菌が足の指や裏など皮膚の角質やその下の皮下組織を侵食することによって炎症などがおきる感染症です。この足白癬が爪に感染した状態が爪白癬...
爪が白く濁る・厚くなる・ボロボロになるなどの爪水虫の症状が見られたとき、あなたなら何科に行きますか?何科に行こうか迷っているうちに、症状が悪化することは避けたいもの。「病院で何科に行けばよいのかわからない」「実際の診察の流れは?」という方は、ぜひ参考にしてください。目次爪水虫の治療は内服薬・外用薬同時に取り扱う皮膚科がおすすめ診察の手順について爪水虫の治療方法・費用について【爪水虫】外用薬の正しい...
治りにくいといわれる爪水虫。というのも爪水虫の場合、一般の水虫の薬を塗っても硬い爪の中まで成分が浸透しづらいのです。そのため、爪水虫を治療するためには、病院にかかって飲み薬を長期間服用するしか方法がありませんでした。でも「病院にかかりたくない」「できれば自分で治したい」という方は多く、病院で出される飲み薬が不安な方や検査結果などによっては飲めない方も。そこで今回は、爪水虫専用の市販薬と予防法につい...
爪水虫の治療に使われることが多い飲み薬。塗り薬では、薬の有効成分が爪の奥の白癬菌まで届きにくいため、飲み薬が処方されるのです。飲み薬であれば、身体の中から白癬菌の繁殖を止め殺菌できるので、爪水虫の治療に効果を発揮します。そんな爪水虫の飲み薬ですが、服用するとなるとよくわからないことも。ここでは、副作用や薬の種類、飲み方について解説します。目次爪水虫の飲み薬は肝臓に悪いって本当?〜副作用について〜【...
爪水虫に感染してしまうと、なかなか治りにくい上に、周囲の人にも移してしまいます。周囲の人への感染拡大を阻止するためにも、爪水虫はできる限り治療をする必要があります。今までは、内服薬による治療が第一選択でしたが、薬を長期間服用しなければならない事や、薬の副作用などにより服用できない、服用したくないという人が多くいます。内服薬による治療以外の治療法はあるのでしょうか。ここでは、内服薬を使わない治療法に...

このページの先頭へ戻る